院長日記

インフルエンザ流行中です

更新日:2018.01.19 |カテゴリ:日記

インフルエンザが流行しています。

今シーズンの特徴は、真冬の流行期にA型とB型が同じレベルで流行していることです。

当院では現在、A型よりB型が多い状況です。こんなことはあまりありません。

そして、もう一つの特徴が、B型に二通りの傾向があるということです。

通常、A型は高熱が急に出て、悪寒、関節痛、倦怠感が強く出ますので、患者さんも結構しんどそう…というのが典型的。だから、わかりやすい。

B型は、A型のように強く症状でないので、本人もしんどくないし、ウイルス感染症の特徴で、日中は熱が下がるので、しんどくないし、「治った!」なんて思って病院に行かない、でも、夜になると熱が高くはないけど出て、なんかおかしいなあ〜って感じで数日経って受診する。こっちも、「こりゃあ、B型だな?」と思ってチェックすると、「やっぱり!」ってなことが多いのですが、今年は、そういうBは多いんだけど、症状強くて、インフルエンザ薬が効かない(熱が下がらない)B型が多い気がします。「イナビル」という吸入薬は、1日だけの吸入薬なので、症状がよくならないと、効いているのか?患者さんがきちんと吸えたのか?わかんなくなっちゃうんです。だから、最近は症状の強いB型には「タミフル」や「リレンザ」という5日間使う薬を使ってみるのですが、なかなか下がらない…そんなことが多い気がします。

それから、これはよくあるB型の症状ですが、ちょい下痢、ちょいめまい感のある方が多いです。いわゆる「嘔吐下痢症」ほど下痢はない(だいたい1回ぐらい)、「めまい症」ほどめまいもない(「ちょっとクラっとした」って感じ)という感じ。

で、やっぱり「ワクチン打ってない」という患者さんが多い気がします。これは母集団がわからないので比較はできませんが…(一般市民がワクチンを打った人と、打っていない人が同数ではなく、おそらく打っていない人が多いだろうから、当然、打っていない人がたくさん来る印象を持ちやすいので)

まあ、いずれにせよ大流行中です。どんな状況でもうがい、手洗い、マスク、人混み(特に室内の閉鎖空間で人が集まる場)は避けるが予防策の基本であることには変わりありません。皆さん、気をつけてお過ごし下さい!

ブログトップへ戻る >

カテゴリー

院長日記のトップへ

最近の記事

[日記]の最新記事
2018.08.16 [日記]New!
ライブラリイベント_『ふらっと♭』ライブ
2018.08.11 [日記]
改めてお盆と夏休みの予定です
2018.08.03 [日記]
徳山中央病院広報誌『スマイル』に掲載されました
2018.07.01 [日記]
ワールドカップ
2018.03.02 [日記]
豊永盛人さんの個展

関連リンク

関連リンク
周南HOTの会
山口県テニス協会
ページのトップへ