設備紹介

設備・機器について

超音波検査

超音波検査

おもに心臓と末梢血管の検査を行っています。心エコーでは、心臓の大きさや動き、心臓内の弁の状態などを観察します。 血管エコーでは、血管の壁の状態(動脈硬化の程度)、血液の流れを調べます。また、足の静脈の流れや血栓(血の固まり)の有無を調べたりもします。

トレッドミル検査

トレッドミル検査

心臓に少し強めの負荷をかけることによって心臓の機能や運動耐応能を調べるものです。 心電図をつけてトレッドミルの上を運動して頂き、不整脈の出現や狭心症所見の出現を調べます。※予約要

スパイロメータ

スパイロメータ

空気を吸い込む力や吐き出す力を測定し、肺の硬さや気管支の太さを評価し、肺疾患の有無や重症度を評価します。


ホルター心電図

ホルター心電図

約1日(24時間)心電図を記録して、不整脈や狭心症の有無を調べる検査です。
※予約要




血圧脈波検査(動脈硬化検査)

血圧脈波検査(動脈硬化検査)

手足の血管のつまり、血管の硬さ(しなやかさ)を評価します。




電気治療、温熱療法

電気治療、温熱療法

写真左が温熱療法、右が電気治療の機械です。患部に熱、電気をあて症状を緩和します。


ページのトップへ